「新しい皮袋」

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の終わりごろ、仕事で使ういろいろなものが次々に壊れ始めていきました。
パソコン、カメラ、ルーター、ホームページ、そして連携しているお問い合わせメール。
セキュリティが効き過ぎてる?のかどうか、多くのメールが次々に迷惑メールに入ってしまいます。

すべて仕事で常に使っている大事なものです。
「もういい、ぼちぼち行こう!」と開き直って、ひとつひとつ修理に出していきました。

ルーターはメッシュ式2台に買い替えました。
パソコンは初期化して、内臓移植(パソコン屋さんの言葉で)をしました。
カメラも心臓部分を全面交換しました。
ただ、ホームページはがっちりと作っているので、中途半端に触っても万全にはならないです。

不調がそこここにあるのに、ごまかしながらやってきましたが、こんなことでもうストレスを持ちたくありません。
思いきって引っ越ししようと覚悟しました。

そういうわけで、この一月は新しいWEBサイト作りに取り組こうと思っています。

今回まとまって次々に壊れていってくれたおかげで、こうして開き直って、変える覚悟ができました。
自分の意志だけで変えようと思っても、なかなか難しかったです。
自称「変革好き」といつも言っていますが(苦笑)

 

わたしがよく心に浮かぶ聖書の言葉を、この新年皆さまに贈ります。

 

「だれも、真新しい布切れで古い着物の継ぎをするようなことはしません。
そんな継ぎ切れは着物を引き破って、破れがもっとひどくなるからです。
また、人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。
そんなことをすれば、皮袋は裂けて、ぶどう酒が流れてしまい、皮袋もだめになってしまいます。
新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」マタイの福音書9章16-17節

2022年ovedeも新しい皮袋に変えます。