「シェアハウスの友人」

こんにちは、オベデの横井です。
今年一年ご愛顧いただきまして心から感謝を申し上げます。
来年もまた細々ではございますがovedeを営んでまいります。引き続き何卒宜しくお願い致します。

<年末年始のお休みお知らせ>
12月30日(木)~1月15日(土)
*お休みの間メールでのお問い合わせにつきましては随時お返事させていただきます。

 

北海道で暮らしをしていた一人息子がアパートを引き払い、この年末に戻ってくることになりました。

息子は5年前、大いなる夢を胸に抱き北海道へ旅立って行きました。
私はその見送りの日「もうこの子は戻らない」「もう2度と一緒に暮らさない」と相当な覚悟したようです。

見送っての帰宅後、家のドアを開けた瞬間に腰の力が抜けて玄関で崩れて立てなくなりました。
(こんなことが実際にあるのです!)
そして3日間家の中で何を見ても息子を思い出し、涙がとめどなく溢れ泣いてばかりいました。
夫はそれを横で見ながら、あまりの私の状態に何も言葉がかけられずオロオロしていたようです。

それから5年経った今、また再び一緒に暮らすという、私にとって思いがけない流れとなりました。
なにやら神さまから、「家族の祝福」の2度目のチャンスをいただいたように感じています。

そういえば、私たち夫婦の関係も以前とはすっかり変わってしまい、
今は「気の合う友とシェアハウス」で暮らしているような程よい距離感をもつ関係になりました。(はて、いいのか悪いのか?)

だから息子との関係も、もうかつての親子ではなく「シェアハウスに暮らす仲間」のようになって、
年末に会うときには「これからの同居よろしくね!」と新しく出会えれば楽しいかなと思ったりしています。

え?
要するに母にも妻にもなりたくないだけ?

 

みなさまのご家族の上に、神の祝福が豊かに豊かにあふれるばかりにあるようにお祈りします。
素敵なクリスマス、年末年始をお過ごしくださいませ。

ovede横井