「自分を知る」

こんにちは!オベデの横井です。
朝夕の気温が変わってきましたが、みなさま体調はいかがでしょうか。

TOUJOURS(トゥジュー)の今シーズンの新作ちょいと着てみました^^

先日、親しい友人のなにげない言葉によって癒しの経験をしました。

「ヨコイさんは完全なアスリート気質だから!!ハハハ」

「???」

「そ、そうかなぁ~?そうなのぉ~?」

 

そういえば、、

私の考え方や物事への取り組み方は、周囲にいる人とずいぶん違うなぁ~と感じることが多い人生でした。
幼いころ母から「あなたは変わっている」と言われるような子どもでした。
知り合ったばかりの人からも「変わってるね」「面白いね」「天然?」などと言われることもよくあり、
そんな時「ん?どこがだろう?」といつも心の中で戸惑う(ボサーッっと・笑)ことがよくありました。

たしかに、わたしは世の中や周囲のことはあまり目に入らず、自分が見たいものだけを見て、寝食忘れるほど没頭してしまうタイプでした。
そして自分が持っている力以上を後先考えず全て注ぎだしてしまうので、倒れて寝込こんでしまうことも度々でした。
いつもこんな風に愚かしく、恥ずかしく、セーブしなきゃあと思ってもなぜだか直せない。。
(これを友人はアスリート気質だというのですが)
家族は本当に迷惑で呆れていたと思います。

 

だから今回友人から自分がそういう気質だといわれたことで、ハッとし、
今までの自分の妙な生き方がすべて腑に落ちて、癒されるような気持ちになりました。

自分の姿が正しく見えて、それを自分で納得できたせいなのか、これから「変われる(自分で自分をコントロールできる)」と思ったりしています。
ああ、自分のカタチを知るって、本当になんて大切なことでしょう。

 

生きている限り、いくつになっても、自分の本来のカタチをよく知って、もっともっと新しく自由になっていきたいと思いました。

 

というわけで
「自分のことを気づくのが鈍くて遅い」というのも同時に、新しく知りました(笑)