「年の初めにカラスに呼ばれ」

こんにちは、横井です。
ここ最近、我が家の庭にカラスがよくやってきていました。

 

以前、お店に「ovede」という名前が決まった日曜日の朝、何げなく外に目をやると目の前の川に白鳥が2羽泳いでいました。
初めてのことだったので「へぇ~、なんだか新しい名前を祝福しに来てくれたみたい」と思いながら見ていましたが、
それから一か月ほどずっと家の前の川で過ごしていました。
ここは上に覆いもないし水も少ないのに大丈夫かなぁ、と心配していたら、またどこかに帰っていきました。

 

そんなことがあったせいか、このカラスのご来訪では、なんとなく意味を考えさせられました。
別に不吉な感じとか、嫌な気持ちにはならないのですが、何かを知らせてくれているような感じがして。。
特に今日は!
大きな声で何度も私を呼ぶように鳴くので、思わずのこのこと外に出ていっちゃいました。

カラスに呼ばれたと思って、のこのこ出ていく自分に呆れて、このブログに書かずにはおれなくなりましたが、
その後、教会から来たメッセージを読むと、今年の9/30-10/1はへブル歴では「年の初め」であり「ラッパの日」と呼ばれているとっても大事な日でした。

もしや私は知らず知らず、カラス(神の使い)にカァカァ(ラッパ)で呼ばれたのに応答して思わず外に出て行ったのかな。。
「主よ、ご用は何でしょうか。」と祈らずにはおられません。

 

で、お庭に常時いるのはアフラック^^