「ブルーウィローの物語」

今シーズン、オールドマンズテーラーが作ったロンドンブルーウィローシリーズは大変人気でした。

18-19世紀ごろ、東洋趣味が上流階級にもてはやされていた時代のこと、
イギリス人が自国の陶磁器に東洋をイメージして絵付けされた絵柄が多く描かれており、その代表する絵柄のひとつがウィローパターンだそうですが、
中でもブルー&ホワイトは大変人気を博し、英国を代表する陶磁器のデザインとして世界中に広がったそうです。

よく見ると、柳、二羽の鳥、楼閣、橋、小舟などをモチーフに風景が描かれていて、実はなんともロマンチックな悲恋の物語が隠されてあるそうです。

「豪邸に住む政府の高級官吏の美しい娘と屋敷に仕えた若い秘書官との身分の違う、許されざる恋を描いていて、太鼓橋を渡る三人は娘、一緒に駆け落ちする秘書官、そして二人を追う父の姿。
逃げ切れない二人の純愛を知った神様が二人を二羽の鳥に変え、永遠の愛を与えた。」
というお話の場面だそうです。

こんな場面の絵柄が、いつまでも愛される永遠のモチーフとなるのは本当に凄いことですよね~

というわけで、そんなロマンチックな場面を描いているわりには、
とっても爽やかな印象の定番シャツドレスが入荷しています^^