「北海道旅行」

息子のいる北海道に3泊4日で行ってきました。
わたし達夫婦はいつもあまり計画などしない(できない)のですが、
息子はあれこれ一生懸命に考えていてくれて、
自分が一番美味しいと思うお勧めのお店をくまなく招待してくれました。

スープカレーのお店
お寿司屋さん
ジンギスカン
スイーツのお店
ラーメン次郎(食べるルールが厳しいのなんのって・笑)…

正直いうと、やっぱり学生が好むお店のせいか、美味しいと思ったのはスープカレーとお寿司だけでした^^;
でもそうして気を使い一所懸命にもてなしてくれる息子に、なんて優しく思いやりのある子に育ったんだろうかと、感動しました。

ひとり息子だから絶対にマザコンにならないよう気をつけて、いつも将来のお嫁さんのことを考えつつ子育てしていましたので(いやホンマ)
「18才になったら親子はしっかりと離れ、自分の決めた道を一人で歩めるように」そんな風に気を張っていたせいか
大学の寮に挨拶に行き、岡山に帰宅し、我が家のドアを開けた瞬間、強烈な「別れ」「喪失感」に見舞われました。
「もうこの家にあの子は居ない」

わたしは急に腰が抜けたようになってしまい、3日3晩泣き通しました。
それからもずっと「息子はもう神に捧げました」そんな気持ちで別れをじっと味わっていました。

ですが。。
いつか(アメブロにも書きましたが)ずっと先になったら、

ひょっこり彼のお傍に住んじゃおうかな~という新たなる野望が、最近夫婦に生まれました。
さてさて、どうなるでしょうか。

オオカミが入荷したそうです^^